ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング
ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング 三重県で探すあなたのための矯正歯科

サイトマップ

HOME » 【Q&A】よくわかる歯の矯正の基礎知識 » 保険は使える?

保険は使える?

歯の矯正治療に保険は利かない、というのが一般的なイメージですが、一部のみ保険適用となるケースもあります。保険が適用される矯正治療について解説しましょう。

歯の矯正は一部のケースで健康保険が適用される場合もあり

八重歯や歯のデコボコを矯正する程度の一般的な歯列矯正治療は、健康保険が適用される自由診療となります。治療費の全額が自己負担となってしまいますが、症状によっては保険が利く場合もあるようです。

主なものとして、外科手術が必要なケースや、先天性疾患の場合などが挙げられます。以下に保険適用となるケースをピックアップしてみました。

保険が適用されるケース

顎変形症 上顎または下顎の大きさ、位置などが大きくズレていて、外科手術を行って骨を調整する必要がある場合は、顎変形症と診断され、治療には保険が適用されます。
先天性疾患 口唇裂や口蓋裂などの先天性疾患で、顎の骨の一部が欠損している場合や、骨が正常に成長できない場合は、外科手術によって歯並びや噛み合わせを調整する必要があり、保険適用となります。
 

保険適用の診断ができる歯科クリニックは限られる?

実は、すべての歯医者さんで保険適用の矯正治療が行えるわけではありません。

一般の歯科医院の場合、保険適用される治療と自由診療となる治療を診断できる歯科医院と、できないところがあるようです。外科手術による矯正治療まで行えるクリニックであれば、保険適用の診断ができると考えてよいでしょう。

例えば、顎変形症は『顎口腔機能診断施設』に指定された医療機関のみで、保険適用の治療を行うことが可能。口蓋裂などの先天性疾患では『指定自立支援医療機関』に指定されている病院やクリニックで保険治療が受けられます。

主に、歯学部がある大学付属病院などが指定医療機関となっている場合が多いようです。一般の歯科医院で保険適用の治療を希望する方は、あらかじめ保険適用が可能かどうかを相談、問い合わせてみることをおすすめします。

ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング