ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング
ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング 三重県で探すあなたのための矯正歯科

サイトマップ

HOME » 【Q&A】よくわかる歯の矯正の基礎知識 » 歯科矯正中に避けた方が良い食べ物はある?

歯科矯正中に避けた方が良い食べ物はある?

歯科矯正中でも、大抵の食べ物は食べられます。 しかし歯科医によっては、食べてはいけないものを指定したり、「〇〇を食べるのは避けてください」と指示したりすることもあります。

そこで今回は、「歯科矯正中に食べるなら気をつけたい食べ物」について解説します。

色素の強い食べ物は器具を変色させる!?

カレー「色素の強い食べ物」は、矯正器具を変色させてしまうかもしれません。

  • キムチ
  • カレー


このような食べ物を日常的に食べていると矯正器具に色がついてしまい、洗っても取れなくなってしまいます。特に大人の方が矯正する場合、日々の仕事において人に口の中を見られる可能性も高いです。

お客様に変色した器具を見られてしまうと、余計な不快感を与えてしまいかねません。

社会人で歯科矯正をしている方は、なるべく色素の強い食べ物は避けましょう。

ワイヤーに引っかかりやすい食べ物にも注意

矯正器具を壊してしまうようなダメージはないですが、下記のような「引っかかりやすい食べ物」も気をつけて食べる必要があります。

  • ほうれん草
  • もやし
  • 麺類


このような細くてニュルっとしている食べ物は、よくワイヤーに引っかかってしまいます。

ここで気をつけるべき点は、引っかかった食べ物を無理やり取ろうとしないことです。

矯正器具をつけている時点で、歯には多くの負担がかかっています。そこでさらに、無理やり引っかかった食べ物を取ろうとすると、歯に相当な負担がかかってしまいます。食べ物を取るときは、丁寧に優しく行いましょう。

粘着性のある食べ物は器具が外れる原因に!

ガム歯科矯正中は、「粘着性のある食べ物」は注意して食べなければなりません。

矯正器具に引っついて取れなくなり、最悪の場合、器具が外れてしまう可能性があるのです。

  • お餅
  • キャラメル
  • ガム


このような食べ物は粘着性がありますので、細かく刻んで食べるなどして矯正器具に引っつかないように注意しましょう。

粘着性のある甘い食べ物は虫歯の原因になることも

キャラメルや水飴のような「粘着性のある甘い食べ物」は、装置に付着してしまい綺麗に磨けなかった場合、虫歯の原因となります。歯科矯正中になった虫歯が進行してしまったら、一度矯正器具を外して虫歯治療を行わなければなりません。そうなると矯正が完了するまでに時間がかかりますし、費用もかさみます。

このような危険性があるため、歯科矯正中は粘着性のある甘い食べ物に注意してください。

固い食べ物は器具が外れる・壊れる原因に

また、当然ですが「固い食べ物」も注意して食べる必要があります。

  • おせんべい
  • チョコレート

などの食べ物を無理やり噛み砕くと、矯正器具が外れる可能性もあります。

また、最悪の場合は器具が壊れてしまうことも。 矯正器具をつけ始めた頃や、ワイヤーを交換した後の数日間は矯正器具が安定していません。固い食べ物は極力避けてください。
どうしても食べないといけない状況であれば、先に細かく砕いておくと良いでしょう。

NGな食べ物はないが矯正直後などは注意して!

基本的に絶対に食べてはいけない食べ物はありません。ただし、矯正直後や、部品の交換直後は矯正器具が安定しないため、上記のような食べ物には注意しましょう。また、歯科医の先生に「食べてはいけない」と忠告されたものは食べないようにしてくださいね。

ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング