ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング
ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング 三重県で探すあなたのための矯正歯科

サイトマップ

HOME » 【Q&A】よくわかる歯の矯正の基礎知識 » 子供の時にはじめた方が良いってホント?

子供の時にはじめた方が良いってホント?

お子さんに対する歯列矯正が多く行われていますが、なぜ子供のうちに矯正治療を行うのが良いとされているのでしょうか。そのメリットや注意点についてまとめてみました。

子供の成長に合わせて矯正をするのが一般的

子供の成長に合わせて矯正をするのが一般的

子供の矯正治療は、あごの骨が成長して乳歯から永久歯へ生え代わりが始まる、6歳ごろから始めるのが一般的です。

まれに3歳児検診の際、受け口など噛み合わせの不具合が認められ、マウスピースのような矯正装置で治療を行うこともありますが、ワイヤー矯正などスタンダードな矯正法は6歳前後から始めることが多いようです。

この時期から始めると、上あごと下あごのバランスや、あごと歯の大きさのバランスを整えることが、比較的スムーズに行えます。成長に合わせてあごの骨を広げられるので、抜歯をしなくても歯をキレイに並べることができるわけです。

歯とあごのバランスを美しく作り上げるには、早期からの治療がより効果的です。

小児矯正のメリット

子供のうちに矯正治療を行うことで、あごの成長や歯の抜け代わりをコントロールできるだけでなく、様々なメリットが考えられます。治療期間中は、ブラッシングを注意して行ったり、定期的に歯科へ通院する必要があるので、歯のケアをきちんと行う習慣づけができることも利点のひとつです。

小児矯正のメリットをいくつか挙げてみましょう。

  • あごと歯のバランスを効果的にコントロールできる
  • 大人になってから、噛み合わせや歯並びの不具合が発生しにくい
  • 大人になってから矯正の必要が出てきても、短期間で治療が完了することが多い
  • 抜歯しないで歯列を整えることができる
  • 定期的に歯科へ通う習慣ができ、虫歯のリスクが軽減する
 

こんな症状なら子供のうちに矯正治療を受けよう

大抵の症状は、大人になってから治療を受けることもできます。ただ、次のようなケースでは、あごの大きさやバランスを調整する必要があるため、骨の成長が止まる前に矯正治療を受けておいた方がいいと言われています。

気になる方は、お子さんの歯の状態をチェックしてみましょう。

  • 下あごが上あごより出ている、受け口の場合
  • 極度の出っ歯の場合
  • 噛んだときに上下の前歯が全く噛み合わない、開咬の場合
  • 上下のあごが左右のどちらかにズレている場合
  • 生えてくる位置が極端に悪く、ほかの歯に影響を及ぼす可能性がある場合
 

小児矯正で注意すべきこと

子供の矯正治療にはメリットがたくさんありますが、注意しなければならない点もいくつかあります。あらかじめ知識を深めておくことでリスクを回避することも可能ですから、お子さんの治療をスムーズに進めるために、ぜひチェックしておいてください。

  • 矯正装置が目立つ、違和感がある、などの理由で子供が装着を嫌がることがある
  • あごの骨の成長が止まる15歳ごろまで経過を観察する必要があり、治療期間が長くなることが多い
  • 受け口などの場合は、大人になってからも矯正が必要になることがある
  • 治療期間中はブラッシングが難しく、注意しないと虫歯になりやすい
 
 
ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング