ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング
ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング 三重県で探すあなたのための矯正歯科

サイトマップ

HOME » 美しい歯に近づくために知っておきたい矯正治療の種類 » マウスピース矯正

マウスピース矯正

食事や歯磨きの時は取り外すことも可能。便利で目立たないマウスピース矯正について解説します。

マウスピース矯正の特徴

透明なプラスチック素材などで、歯の形に合わせたマウスピースを製作。それを装着することで矯正する方法が、マウスピース矯正です。

ごく薄いプラスチックでできているので、装着していることがほとんど分かりません。1日に20時間以上装着することが必要ですが、食事や歯磨きなどの時には外すことが可能。一定期間を置いて何度か装置を作り変えながら矯正していきます。

マウスピースタイプの矯正装置は、様々なメーカーで開発されています。現在多くのクリニックで取り扱われているのは、「インビザライン」や「アソアライナー」といった商品です。

<マウスピース矯正のメリット>

  • 装着していてもほとんど目立たない
  • 取り外して歯磨きや食事が可能なので、虫歯になるリスクが少ない
 

<マウスピース矯正のデメリット>

  • 装着が患者の判断に任されるので、治療期間が伸びてしまうことがある
  • 比較的軽度な矯正治療にしか適応しない
  • マウスピースを作り変える必要があり、費用がかさむ
 

治療期間・費用について

マウスピース矯正は、簡単な矯正治療の場合に適応しますので、治療期間も短め。半年から2年程度のケースが多いようです。治療期間中は2週間に1度、マウスピースを新しいものに交換します。後戻りを防ぐため、治療後、同じマウスピースを装着し続けて保定します。

矯正の基本料はおよそ30万円から60万円程度。1ヶ月に2回ほど通院してマウスピースを新しいものに変えるため、通院1回につき5000円から1万円程度かかることがあります。

こんな悩みにオススメ

それほど大掛かりな矯正治療は必要ないが、軽く歯列を整えたい場合などに適応します。

装着していてもほとんど目立たないので、矯正を行っていることを知られたくない方などにおすすめです。

インビザラインって何?メリットや費用を紹介

マウスピース型矯正治療装置のうちの1つのシステムではあるものの、適応症例の広さや治療効果など、様々な点で一般のマウスピースの機能を上回るのが「インビザライン」です。

1998年にアメリカで始まり、2001年にはヨーロッパに導入されます。その後オーストラリア・香港・韓国と広まっていきました。日本に入ってきたのは2006年からと比較的最近ですが、世界中で約400万人の治療実績を持っています。

対応症例数や研究費用、歴史、治療の適用範囲の広さの点で他のマウスピース矯正システムをはるかに上回るとされ、現時点では最先端の矯正治療システムと言えます。

インビザラインのマウスピースの見た目は一般のマウスピース型矯正装置とよく似ていますが、大きく異なる特徴があります。

ここでは、インビザラインのメリットや費用相場について説明します。

インビザラインのメリット

痛みや違和感が少ない

インビザライン治療の場合、一般のマウスピース矯正と比較して1つのマウスピースで動かす歯の距離が短くなります。その距離は3Dシミュレーションで割り出した治療計画によって算出され、10日~2週間程度の短い期間で次のステップのマウスピースに取り替えていきます。そのため、一般の矯正や従来のマウスピース矯正よりも痛みや違和感が少ないことが大きなメリットです。

装着していることが気づかれない

従来のワイヤー矯正では、白い歯の上にびっしりと並ぶ銀色の器具が目立ってしまいます。インビザライン治療で装着するマウスピースは、その人の歯列にぴったり合わせて設計された厚さわずか0.5mm程度の非常に薄い透明のものです。

本物の歯のように表面が滑らかで自然なツヤのある仕上がりのため、間近で見ても容易には分かりません。人の目を気にせずに普段通り生活しながら、理想的な歯並びに近づけることが可能です。

頻繁な診察が不要

一般のマウスピース矯正では、治療が完了するまでに何回も来院して型取りを繰り返します。それに対してインビザライン治療では、コンピューター処理により治療計画を立て、治療経過を精密に予測することで、1回の型取りで全ての段階のマウスピースを製作することができます。治療がある程度軌道に乗れば、2ヵ月に1度くらいの通院頻度で済むのです。

様々な症例に対応可能

従来のマウスピース矯正では治療が困難だった「八重歯」「出っ歯」「前歯の突出」「受け口」「ズレ・かみ合わせ」「オープンバイト(開咬)」「すきっ歯」なども、インビザラインなら治療が可能なケースが増えました。また、抜歯しか解決方法がないと診察された難易度の高い症状でも、インビザライン治療で改善された事例は多数あります。

学齢期の子供の矯正治療も可能

「インビザライン・ティーン」という矯正プログラムでは、マウスピースに特殊な加工が施してあります。それにより、矯正を成功させるために絶対に守らなければならない装着時間を子供が守っているか、親が目視で確認できるようになっています。永久歯が生えそろう中学~高校生に最適なプログラムです。

インビザラインのマウスピースは目立たず、非常に薄いために発音に影響を与えることも少なくなります。学校で友達にバレたり、からかわれたくないと思いがちな思春期の子供にも安心して治療を受けさせることができます。

インビザラインを受けるための費用

費用の相場は、おおむね次のような金額です。

インビザライン・フル矯正 約70万~100万円
インビザライン・ティーン 約80万円
インビザライン・ライト(軽度の症例) 35万~50万円
インビザライン・i7(部分的な矯正) 約30万円

症状の重さや医院によって金額は異なるので、詳細は直接問い合わせてみてください。

マウスピース矯正が受けられる三重県でおすすめの矯正歯科医院

各矯正歯科の詳細をチェックしてみてください。

 

ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング