ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング
ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング 三重県で探すあなたのための矯正歯科

サイトマップ

HOME » お悩み別 矯正歯科で受けられる治療まとめ » デコボコで歯並びが悪い(不正咬合、乱杭歯)

デコボコで歯並びが悪い(不正咬合、乱杭歯)

ずっと気になる歯並び(不正咬合)を治療したい人のために、矯正歯科ではどのような治療がされるのかをまとめました。

歯並びが悪い(不正咬合、乱杭歯)を矯正するために

八重歯や曲がって生えた歯が目立つ、デコボコの歯並びに悩む方は多いもの。

乱杭歯や叢生は、歯磨きが行き届かない歯があり、虫歯や歯周病のリスクが高いという問題もあります。乱杭歯と同時に、噛み合わせの不具合がある不正咬合を伴っている場合も多いようです。

乱杭歯や叢生は、部分的な矯正で改善できることも多いので、クリニックに相談してみましょう。

原因となる要素・習慣

内側や外側へ出っ張って生えてしまったり、曲がって生えた歯が目立つ、デコボコの歯並びのことを叢生または乱杭歯と言います。八重歯が目立つ方や、前歯がねじれて生えている方などもこの叢生の症状に分類されます。

叢生や乱杭歯の主な原因は、上顎または下顎と歯の大きさのバランスの悪さにあります。あごのスペースが小さい割に歯が大きく、すべての歯が並びきらないので曲がって生えてきたり、外にはみ出して生えてきてしまうわけです。目立つ八重歯などは、その典型例ですね。

歯がデコボコに並んでいると、上下の歯が上手く噛み合わず、開咬と言って噛み合わせが開いた状態や、逆に深く噛み過ぎる過蓋咬合などを起こします。

不正咬合・乱杭歯に最適な治療法

乱杭歯となってしまう最大の理由は、顎のスペース不足です。症状が出ている方がお子さんの場合は、顎の骨が成長途中なので、顎自体を広げて歯の移動するスペースを確保することができますが、大人の患者さんの場合はそうはいきません

大人の場合、顎のスペースが限られているので、飛び出た歯や曲がった歯を正常な位置に移動させるスペースを作るために、余計な歯を抜歯するか、歯を削って小さくした上で、ワイヤー矯正などで歯を移動させる治療を行います。

時間をかけずに短期間で見た目だけを変えたい場合は、セラミッククラウンなど、差し歯や被せものを行うことで矯正する方法もあります。

<治療法1>歯を抜かずに顎のスペースを拡大し、歯を移動させる(お子さんの場合など)

  • ワイヤー矯正
  • 床矯正
  • リンガル矯正
  • マウスピース矯正 など
 

<治療法2>大きい歯を削って小さくし、歯の位置を移動させる

  • ワイヤー矯正
  • リンガル矯正
  • マウスピース矯正 など
 

<治療法3>余計な歯を抜歯して、乱れた歯を内側に移動させる 

  • ワイヤー矯正
  • リンガル矯正
  • マウスピース矯正 など
 

<治療法4>飛び出た歯の根元だけを残して切除し、セラミックなどの差し歯を装着する

  • セラミック矯正
 

治療の期間・費用について

歯の状態によって、治療期間や費用は大きく異なります。

例えば、上あごまたは下あごのどちらかだけを抜歯せず部分的に矯正するだけでしたら、1年以内で矯正は終了します。叢生の場合は、主に上下どちらかの前歯4~6本のみの矯正で終わり、費用も50万円前後で済むケースが多いようです。

逆に、上下の歯を抜歯して不成咬合の矯正まで行うとなると、2年程度の治療期間が必要となり、費用が100万円を超えることも。表側のワイヤー矯正を選ぶか、リンガルにするか、などによっても費用は異なりますので、クリニックと相談しましょう。

乱杭歯・不正咬合の治療を行う三重県のおすすめ歯科クリニック

※各矯正歯科の詳細ページに飛びます。

ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング