ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング
ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング 三重県で探すあなたのための矯正歯科

サイトマップ

HOME » お悩み別 矯正歯科で受けられる治療まとめ » 受け口が気になる(下顎前突)

受け口が気になる(下顎前突)

受け口(下顎前突)について、矯正歯科で行われる治療方法や治療期間、費用などを分かりやすくまとめています。

受け口(下顎前突)を矯正するために

反対咬合や受け口となっている人の多くは、下の顎が前に出ている下顎前突であり、矯正治療が必要となります。

原因となる要素・習慣

通常は上の前歯が外側、下の前歯が内側になって噛み合っているはずが、上下逆になってしまう症状を反対咬合と呼びます。いわゆる“受け口”の状態です。

下顎前突の主な原因とされているのは、親からの遺伝により上下の顎の大きさのバランスの悪さが出てしまうこと。親が受け口だと、子供にも受け口が遺伝してしまうケースが多いのです。

また、遺伝的な要素がなくとも、口呼吸などのクセによって下あごが突き出てしまうことも。例えば、何らかの病気で鼻呼吸ができず口呼吸が習慣化されてしまうと、常に舌の位置が下がった状態で口を開いて呼吸することになります。

下がった舌によって狭くなった気道を確保するために、下あごを前に突き出してしまうようになるのだとか。同じように、指しゃぶりや爪を噛むクセなども原因となる場合があります。

下顎前突に最適な治療法

受け口には、上あごが小さいケースと下あごが大きくて前に突き出てしまっているケースとがあり、タイプによって治療法が異なります

上あごが小さくて上前歯が引っ込んでいる場合は、上前歯の部分矯正を行って前歯を広げ、上前歯が外側に出るよう治療を行います。

逆に下あごが大きく前に出ている場合は、小臼歯などを抜歯してスペースを作り、下の前歯を内側に移動させます。極端に下あごが大きい場合は、外科手術によってサイズを小さくすることもあります。

<治療法1>上あごが小さく、上前歯が引っ込んでいる場合は、上前歯を広げて外側に出す矯正を行う

  • ワイヤー矯正
  • リンガル矯正
  • マウスピース矯正
  • 床矯正 など
 

<治療法2>下あごが大きく、下前歯が出ている場合は、下前歯を内側に抑える矯正を行う。抜歯する場合としない場合がある

  • ワイヤー矯正
  • リンガル矯正
  • 床矯正 など
 

<治療法3>下あごのサイズが極端に大きい場合は、外科手術によって小さくする治療を行う

  • 外科手術
 

治療の期間・費用について

症状によって治療の内容が違いますから、治療期間や費用も異なってきます。

上下どちらか片方の前歯のみ部分矯正治療で済む場合は、半年から1年ほどの治療期間で、費用は30~40万円程度です。上下とも全体的な矯正が必要になってくると、2~3年の治療期間で費用は100万円以上となります。

受け口(下顎前突)の治療ができる三重県のおすすめ歯科クリニック

※各矯正歯科の詳細ページに移動します。

ぴったりが見つかる三重県の矯正歯科ランキング